話題のニュースワード
芸能、スポーツ、政治、社会ニュースを話題のニュースよりピックアップ!世界中のホットなニュースワードをニュースな記事と動画でお届け!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オバマ大統領就任後のスピーチ後編


「オバマ新大統領が就任演説、国民に米国再生への協力促す」

(CNN) 米民主党のバラク・オバマ前上院議員(47)は20日正午(日本時間21日午前2時)過ぎ、ワシントンの連邦議会議事堂で宣誓後、就任演説し、米国の現状について危機のまっただ中にあるがこれを克服し、将来も繁栄した強い国家であり続けるとの決意を表明した。

新大統領はこの中で、米国は戦時下にあり、経済は弱体化し、短期間で解決出来る問題ではないと国民の理解を求めた。その上でこれらの問題は必ず解決出来るとして米国民に奮起を促し、米国再生へ共に取り組むよう呼び掛けた。

経済問題では、景気刺激のための大胆かつ迅速な行動が必要と強調。政府の活動については、機能するかどうかが重要な問題であるとの認識を示した。

また、対テロ戦争の主戦場と位置付けるアフガニスタンの平和構築に全力を注ぐと主張。多宗教を尊重し、相互利益や敬意に基づきイスラム社会との新たな関係構築への希望を述べた。友人やかつての敵と協力しながら「核の脅威」のない国際社会を目指すとの考えも強調した。

イラク問題では、駐留米軍の撤退は責任ある形で進めるとも言明。地球温暖化の進行を押しとどめる決意も述べた。

米国が直面する試練や打ち出す対応策は新しいものかも知れないとしながらも、成功を生み出す勤勉、正直、勇気、忍耐、好奇心、忠誠や愛国心などの美徳は昔ながらのものとし、真実でもあると強調。米国の歴史を通して進歩を生む源の力にもなったとして、現在の試練に立ち向かうにはこの力が今こそ必要であると国民に呼び掛けた。
記事元

「オバマ新大統領が就任=黒人初、「平和時代を先導」


 【ワシントン20日時事】米民主党のバラク・オバマ前上院議員(47)が20日正午(日本時間21日午前2時)すぎ、連邦議会議事堂前での就任式で宣誓し、第44代大統領に就任した。黒人の大統領は米建国史上初めてで、民主党政権は8年ぶり。オバマ氏は就任演説で、「米国は新たな平和の時代を先導する役割を果たさなければならない」と述べ、国際協調とイラク戦争終結を全世界に向けて確約した。
 米国は「変革」を掲げるオバマ政権の下、ブッシュ政権の2期8年で悪化した経済状況の改善とイラク、アフガニスタンで続く2つの戦争の克服、国際社会で低下した威信の回復を目指し、再生の道へ歩み出した。
 就任式は推定200万人が見守る空前のイベントとなり、厳戒下で行われた。
 オバマ氏は同日午前、ホワイトハウスで前任大統領のブッシュ氏と最終の引き継ぎを行った後、議事堂西側の特設会場での就任式に出席。正午すぎ、第16代大統領リンカーンが1861年の就任時に使用した聖書に手を掛け、「職務を誠実に遂行し、合衆国憲法を順守する」と宣誓した。これに先立ち、ジョゼフ・バイデン前上院議員(66)が宣誓して副大統領に就任した。
 オバマ氏は宣誓後、約20分間演説。「われわれは自らを奮い立たせ、ほこりを払い落とし、米国再生の仕事を始めなければならない」と国民の団結を訴えた。さらに「われわれは責任を持って、イラクをその国民に明け渡し、アフガンの平和を目指す」と明言。テロの脅威とは毅然(きぜん)として戦う決意を示す一方、核軍縮を進める方針を表明した。イスラム社会との連帯を目指す考えも明らかにした。 

スポンサーサイト

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

トラックバック
トラックバック URL
http://158news.blog90.fc2.com/tb.php/40-c53366c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。